cycling trip in Bali

b0150520_13175528.jpg

Baliのホテルでは、色々なアクティビティが用意されているようです
私たちの滞在したホテルはなかったのですが、
毎朝ヨガや瞑想ををアクティビティに取り入れてくれるホテルもあるそうですよ

出発前から、ホテルのwebに掲載されていたアクティビティのリストを覗くと、
マウンテンバイクを借りて、ウブドののどかな田園風景を駆け巡ているステキな写真が掲載されていたので、
わー私もやってみたい!と思ったわけです

で、まずお願いしたのがサイクリング

隊長と2人で参加してみましたの


朝8時、集合場所に行ってみると・・・
ホテルのマウンテンバイクを
激しくチェックする、縦にも横にもデカイオッサン(欧米人)が1名
ハネムーンに来たんだけど、男らしさを前面に押し出したいがために、日々の運動の代わりにふらりとやってきた風の若い男性(欧米人)1名
そして、私たち・・・・
(子供か大人か正体不明、ガリガリ女1名(アジア人)
ホテルに似つかわしくない目つきの悪いヒゲボーボー、あまり立ち入ってはいけない雰囲気をバリバリに醸し出すオッサン1名(アジア人))

そして、インストラクターの不二家のポコちゃんにしか見えない、インドネシア男性1名

の計5名で、出発!

最初の5分はルンルンだったわけですよ。。。
ホテルを出て曲がった瞬間、Baliのいわゆる田舎の家を走りぬけた時の爽快感ったら!!
マウンテンバイクで冒険に出たわよ的な・・・

でも、5分も経つと気がついたわけ・・・

スピード早すぎる!ひーーーー
しかも!道がデコボコすぎる!!ひーーーー
優雅によそ見をした瞬間に、デコボコのボコの部分にタイヤがハマってスッ転ぶ!ひーーーーーーーー!

しかも、出発前は涼しかったのに、気づいたら太陽が上がって暑い!
上に着ていた長袖脱ぎたい!!
でもポコちゃん止まってくれない!
ポコちゃん後ろも振り返ってくれない!!
ポコちゃんどんどんどんどんスピードアップ!

ひーーーーーーーーっ!

アタクシ、普通の女の人よりか大腿四頭筋には自信があったわけですよ・・・
大学時代、アイスホッケー部の陸トレで、男子が逃げ出すほどのスクワットをしていたわけですよ
週末になると400mリンクを100周させられていたわけですよ
(そう!!フ●モリ鬼軍曹に命令され!フ●モリ鬼軍曹に睨まれ!!フ●モリ鬼軍曹に大きなため息をつかれながら!!!フ●モリ鬼軍曹の恐ろしさに全身を震わせながら、泣きながら、すべてをこなしていたわけですよ!
もう涙ながらに語れないほどの辛い辛いトレーニングをホントに泣きながら、ゲロを吐きながらこなしたわけですよ
恨みを持って実名を公表させてもらったわ!ホホホホ)

なのにぃ~~~なのにぃ~~~~
あれから10年??いやいやもっとか?
アタクシの自慢の加齢により力を失いつつある大腿四頭筋は爆発寸前

・・・・

と、思ったら一瞬ポコちゃんは休憩してくれました
ウブドの田園風景のど真ん中で

でも目の前に広がる田園をゼイゼイしながらちらっと見たとき・・・

あり?
ただの田んぼじゃないか・・・・
日本でも良く見る風景・・・

“写真撮りたい?”
ってポコちゃんに聞かれても、
“いやいや。こんな田んぼ見慣れてる!
そんなことより、水を飲みたい!!上着を脱ぎたい!!”
と田園風景を一瞬たりとも楽しまず、やらねばいけないことを早くやらないとと焦って自転車をブッ倒し、水を飲んで洋服を脱いだ

なぜなら!!

横にも縦にもでっかいオッサンが
“早く出るぞ!!”
と言わんばかりの形相でにらんでいるから~!

そして、オッサンの冷たい視線を感じながら再出発

みんなに置いていかれないように、ひーひーーーゼイゼイしながらマウンテンバイクを漕いで、漕ぎまくった!!

なにより、縦にも横にもデカイオッサンのスピードったらすごかった
ポコちゃんをあおりにあおり、
ポコちゃんをも抜かそうという勢い!

先頭でそんな死闘をちらっと見つつも・・・私は一人遅れを取り始め・・・
でも!!それでも!!ここでみんなを見失ったら、私ホテルまで一人で帰れない!!
その一心でなんとかデコボコ山道を乗り越えて行きました

その後、ポコちゃんの非道にしか感じられない選択肢・・・

そう・・・疲れ切った後半に、ポコちゃんは幹線道路に出たのですよ・・・

インドネシアの交通ルール完全無視レベルの車やバイクに
無数のクラクションを鳴らされて、あおられて・・・
生きた心地もせず、ひたすら“早く終わりますように!早く終わりますように!!”それだけを願いながら、自転車を漕いで・・・漕いで・・・

そして・・・
Baliの住宅街を駆け抜けたとき、
家の外でのんびりとくつろいでいたインドネシア家族に、

“がんばれよっ!”

と間違いなく心に届いたその力強い応援
生涯忘れませんわ!!
(インドネシア語はさっぱりですが、
その顔と家族全員で見せてくれたガッツポーズ!
ええ!意味は分かったわ!!
ありがとよっ!)

最後の最後に、ホテルのサインを見た瞬間の安堵感は一生忘れないでしょうよ・・・

ポコちゃんは、最後の最後までフレンドリーな態度を見せることなく、
冷たいおしぼりを渡してくれ・・・
縦にも横にもデカイオッサンは、『明日もサイクリングはあるのか?』と
不吉なことをポコちゃんに尋ね・・・
(その後、縦にも横にもデカイオッサンは、ホテルのマネージャーを巻き込んで、
勝手にサイクリングを決行!
“気を付けろ!”と注意したにも関わらず、上司(ホテルマネージャー)の命令に逆らえず参加させられたレストランマネージャーの男は、途中、案の定、道路のボコ部に自転車をはめ、スッ転んで足を負傷。
流血しながら、
“本当だった・・・”と言って、ショボくれれていました・・・
縦にも横にもデカイオッサンは、満面の笑みだったわ・・・
相当過酷だったに違いないわ!)

私と言えば、
次の日に予約していたトレッキングのアクティビティもポコちゃんが引率すると
気が付き!!
高齢の父親を殺すわけにいかない!
と、その足でトレッキングキャンセルをホテルにお願いしに走りました

次回行く時までに、

大腿四頭筋を鍛え、ポコちゃんを打ち負かそうと
目標が見えてきたわ!


(是非ともこの過酷なサイクリングを写真に撮って記録しておきたかったところですが、リュックからカメラを取り出す余裕なんて1ミリもなかった!!)

[PR]
by circus1616 | 2014-09-22 13:02 | trip